JHAビデオライブラリー

日本ホリスティックアカデミー 代表・村井啓一による、ヒプノセラピー技法、最新脳科学、心理学情報等のビデオを公開しております。各界有識者をゲストに招いた対談も随時更新掲載して行きますのでどうぞご覧下さい。
※公開・配信の内容に関しまして著作権放棄は致しておりませんので再配布及び無断転載等は固くお断りいたしております。予めご了承ください。

ブライアン・ワイス博士インタビュー (インタビュアー: 村井 啓一)

字幕文字サイズは、再生開始後、下部に表示される「歯車マーク→字幕日本語→オプション→フォントサイズ」で変更可能です。また動画下にある「▲字幕のテキスト表示」をクリックすると文章としてご覧頂けます。

▼日本のヒプノセラピストへのメッセージ 2018年4月

00:07ワイス博士、日本のヒプノセラピストへのメッセージをお願いします。
00:17日本のヒプノセラピストの皆さんにお伝えしたいのは、今の世界でこの仕事がとても大切だということです。
00:28ヒプノセラピストはクライアントさんが内面の深い静寂と平和、内なる中心と繋がるお手伝いをします。これは世界のためになる、本当に意義深い仕事です。
00:43ヒプノセラピストは催眠の技法を使ってクライアントさんが子供時代や過去世に繋がる手助けをします。
00:59これは大切な、霊的な仕事であり、癒しの仕事です。
01:05ヒプノセラピーで深い催眠状態に入る事によって、通常の意識では思い出せないような記憶を思い出すことができます。
01:21催眠は記憶を呼び起こす力を増幅させます。
01:28催眠状態に入ると、意識の奥に潜んでいた幼少時代の記憶やトラウマや過去世が呼び戻され、癒しが起こるのです。
01:47また、催眠を使った前世療法によって多くの症状が緩和されたり、治癒されたりもします。
01:54恐怖症や不安症といった症状に加え、痛みや疾患といった身体的症状にも効果的です。
02:03身体や感情にまつわる諸症状を癒す素晴らしい仕事であり、セラピスト自身も大きなやりがいと満足感を得ることができます。
02:19ヒプノセラピーは極めて重要な癒しの仕事なのです。
02:26癒しだけでなく、ヒプノセラピーによって-霊的な意識に繋がることもできます。
02:30クライアントは催眠状態で、身体は死んでも魂が死ぬ事はない-ということを理解します。
02:37ヒプノセラピーでは過去世の人生だけでなく、 過去世での死も体験し、そこから更に先に進んで行きます。
02:43ヒプノセラピーでは一生と一生の間の状態(中間世)や 高次元の世界も体験することもできます。
02:49このような体験によって霊的な学びが深まります。
02:52日本をはじめ、今世界中ではある変化が起きています。
02:57人々は儀式や教義を中心とした組織宗教から、愛と優しさと慈しみに基づいた、より普遍的な スピリチュアリティへとシフトしています。
03:11「愛の宗教」と呼べるものです。
03:15スピリチュアリティと宗教の違いはここにあります。
03:21ヒプノセラピストはこの世界で起こっている変化を 促してゆく存在です。
03:28現代の世界は危険がいっぱいなので、ヒプノセラピストの仕事は非常に大切です。
03:38霊的な事柄を理解しない人たちが大勢います。
03:42私たちひとりひとりがこの地球で優しさや慈しみ、無条件の愛を学んでいる、魂を持った霊的な存在 であることを知らないのです。
03:54ヒプノセラピストはクライアントが催眠状態で このことを悟り、体験するお手伝いをします。
03:59みなさんがこの大切な仕事を 末長く続けられることを願います。
04:02ヒプノセラピストを目指されている方には、ヒプノセラピーが素晴らしい癒しの仕事 であることをお伝えしたいと思います。
04:12幸いにも日本では村井先生が日本ホリスティックアカデミーでヒプノセラピーを教えていらっしゃいます。
04:23村井先生はオメガでの私の研修に何度も参加されています。
04:29私と村井先生は同じエネルギーで 同じ技法を教える「魂の家族」です。
04:37みなさんもこの世界に入られたら、仕事でやりがいと満足感を得られるだけでなく、その満足感がプライベートにも及んで 行くことを感じられるでしょう。
04:47ヒプノセラピーはあまりにも素晴らしく、 世界をより良くしていく大切な仕事であるため、気づけばご自身がより充実した、 幸福な人生を歩まれていることに気づくと思います。
04:57日本のヒプノセラピストの皆さんの ご尽力に感謝します。
05:01是非これからもヒプノセラピーを続け、 催眠を使った前世療法について更に学びを深めて行ってください。
05:10皆さんとお会いし、一緒に仕事ができることを 楽しみにしています。
05:17どうもありがとうございました。

▼日本でのワークショップのご感想 2018年4月

00:072018年の日本のワークショップの印象について、
00:11今回は大坂と東京の2都市でワークショップを行い、非常に感銘を受けました。
00:40それによって深い催眠に入れる環境が出来上がり、みんなが安心して多くの体験が出来たのだと思います。
00:46まずはそこが印象に残りました。
00:48多くの人が催眠状態を体験できたのもそのおかげだと思います。
01:01アメリカやヨーロッパのワークショップでは通常、手が上がるのは5割程度です。
01:21日本では最初のグループ誘導で既に3分の2の方が前世を体験でき、幼少期に退行できた人に至っては95%ほどでした。
01:30これはグループの皆さんの素晴らしい姿勢のおかげだと思います。
01:34ワークショップでは3回のグループ誘導の他にもたくさんのワークを行いました。
01:43ビジュアライゼーションや直感のワーク、パートナーの顔をじっと見るフェイスやサイコメトリーなどです。
01:51ここでも参加者はたくさんの素晴らしい体験ができていました。
01:55マイクを渡された参加者はワーク中に体験した内容を発表しましたが、どれも意義深いものでした。
02:04他の参加者はそれをじっと聞いて拍手を送っていました。
02:08皆さんの「周りをサポートしよう」という姿勢が感じられ、それが効果的なワークショップに繋がったのだと思います。
02:15村井先生をはじめ、主催や準備にあたって下さった皆さんに深く感謝します。
02:21皆さんのおかげで私は音響等の細かい心配をすることなく、ワークショップの内容だけに集中できたので、とてもやりやすかったです。
02:32日本と他国の間の文化的な違いは感じられましたか?
02:38そうですね。日本の皆さんはとても礼儀正しく、優しいです。
02:46国によっては参加者が攻撃的になり、お互いに競争を始めるグループもあります。
02:53前世等を体験できないと怒りだすのです。
02:57日本では怒り出す人は一人もいませんでした。
03:01たとえ自分が体験できなくても、他の人が自分の体験について話すのをにこやかに聞いていました。
03:08他の国ではそうはならず「あなただけが体験できてずるい!」と嫉妬心をあらわにすることもあります。
03:16日本の皆さんからは自分のことだけでなく、グループ全体をサポートしようという精神が感じられました。
03:21他の人の幸せを考え、優しく、礼儀正しい。それが日本人の文化的な特徴だと思います。
03:30そのおかげでワークショップがとてもスムーズに進みました。
03:35他の国では手も上げずに好きな事を大声で話し出す人もいます。
03:40今回はグループのエネルギーがとても高かったと感じました。
03:48それは文化的なことなのか、みなさんが非常に集中していたせいなのかは分かりませんが、全体的に個人の利益よりもみんなのためにという空気が感じられ、それはとても日本的だと思いました。
04:072回のワークショップの間、ワイス博士は「愛、慈しみ、優しさ」という言葉を何度もおっしゃっていました。
04:21ワイス博士の愛と慈しみと優しさのエネルギーを直接感じるためにワークショップに参加した人もたくさんいたと思います。
04:37ワイス博士の言葉やオーラやエネルギーに直接触れる事がワークショップに参加する大きな動機となったのです。
04:45そして参加者は実際にワイス博士の話を聞き、存在を感じてとても楽しんでいたと思います。
04:51私もそう思います。
04:57日本のワークショップでは個人の「善」よりもグループ全体の「善」が尊重されていました。
05:05参加者も「自分が何かを得よう」という利己的な気持ちよりも、みんなと分かち合いたい、一緒に体験したいという気持ちが強かったように思います。
05:16それによって私も参加者もより深い状態に入れたのだと思います。
05:22通常は2回のところを回のグループ誘導ができましたし、壇上に上がったボランティア全員が前世を体験できました。
05:27私も霊的な背景だけでなく、催眠の技法についても踏み込んでお伝えすることができました。
05:36大阪と東京の両方のワークショップに参加された方は5日間のオメガでの研修とほぼ同様の内容を受講することができました。
05:45オメガの5日間の講習内容のうち、日本でカバーしなかったものは「催眠にかかりにくいクライアント」への対応の仕方だけです。
05:56それ以外は、オメガでの研修とほとんど変わらない内容を学ぶことができたのです。
05:58今回はセラピストでない参加者も大勢いたので、「催眠にかかりにくいクライアント」の部分はさほど重要ではないと思いました。
06:06それ以外はオメガのプログラムとほぼ同じ、非常に密度の濃い体験だったと思います。
06:13また、大阪と東京では少しずつ内容を変えました。
06:19ビジュアリゼーションもグループ誘導も壇上デモも少しずつ内容が異なっていたので、参加者は4日間で非常に密度の濃い学びができ、深い状態にも入れたと思います。
06:32セラピストの方も多数参加されていたので、心理学や心理療法、ヒプノセラピーといった専門的な内容も多く盛り込みました。
06:48参加者は終始、私の話を集中して聞いていて、参加者同士のジェラシーや利己心によって進行が阻まれる事はありませんでした。
07:03セラピストにも非セラピストにとってもためになる内容でした。
07:08セラピストでない方はグループ誘導やビジュアリゼーションを体験できましたし、セラピストの方は技法について学ぶことができました。
07:17段階的リラクゼーションや即効誘導といった催眠誘導法だけでなく、アイロールテストなど、セラピストにとって大切なテクニックを盛り込んで行きました。
07:29今回のワークショップに参加して「自分もセラピストになりたい」と決意した方もいるかも知れません。
07:39多くの人を助けるヒプノセラピストという仕事に意義深さとやりがいを感じ、その人の人生が変わるきっかけとなったかも知れません。
07:54日本での2つのワークショップではこれだけの内容をお伝えできました。
08:01参加者の優しさと慈しみの心がワークショップの成功に大きく貢献したことは間違いありません。
08:07私は参加者のエネルギーを壇上から直接感じることができました。
08:10博士は「グループ」とおっしゃいましたが、参加者全員が一つのグループにまとまっていたと感じました。
08:18皆がお互いに理解し、愛と優しさと慈しみをもって相手と接していました。
08:25最後のパーティでも仲良くおしゃべりをして、参加者同士の絆が深まっていたのを感じました。
08:34みんなにとって素晴らしい経験になったと思います。
08:38参加者にとって素晴らしい経験になったと思います。
08:42同じ関心を共有できる「魂の家族」に出会えていましたね。
08:52フェイスやサイコメトリーといったワークが参加者のマインドを緩め、お互いの距離を縮めたのでしょう。
09:10私が説明をしている間やグループ退行の時はみんな静かに聞いていて、フェイスやサイコメトリーの演習後にパートナーと体験した内容を5分間シェアする時間がありましたが、その時の皆さんの声は本当に大きかったです。
09:35みんなワクワクしてお互いに繋がっているのを感じました。
09:40壇上からみなさんの様子を見ているのも楽しかったです。
09:42そしてまたグループワークに戻ったら周りに配慮して再び静かになりました。
09:48参加者からとても良いコメントをいただいています。
09:56みんなワイス博士やスタッフや私に感謝していて、ワークショップはとてもエキサイティングだったと。
10:16参加者は本当に良い経験ができたと思います。
10:22皆、あのような体験を求めていたのだと感じます。
10:27これからも参加したい人が大勢いると思うので、是非また日本でワークショップを開催してください。
10:39日本でワークショップができるのは本当に喜ばしいことです。
10:43ワークショップだけでなく、日本国内を旅して、この国のスピリチュアルな側面や美しい自然や文化、歴史に触れることができたのも素晴らしい体験となりました。
11:06日本を深く理解すればするほど、ワークショップの内容も更に素晴らしいものになって行くでしょう。
11:11ありがとうございました。
11:14こちらこそありがとうございました。

▼ワイス博士の米国開催5日間WSについて 2018年4月

00:06オメガ・インスティチュートでの5日間のトレーニングについてお話しします。
00:12オメガでは1991年から研修を行っています。
00:17セラピスト向けの研修で、セラピストの皆さんがそれぞれのセラピーの中で前世療法を取り入れるためのものです。
00:27最初はセラピストだけが参加できる講習でしたが、その後セラピストではない方にも参加いただけるようにしました。
00:35今は参加者の6割がセラピスト、残りの4割が非セラピストです。
00:46前世を体験するためだけに参加する人もいます。
00:50セラピストも非セラピストを相手に練習をすることができて、それぞれ素晴らしい体験になります。
00:585日間の研修はオメガでしか行っていません。
01:03それにはいくつかの理由があります。
01:07村井先生は日本の生徒さんたちを連れて、何年もオメガのトレーニングに通って下さっているのでお分かりになると思いますが、オメガはとにかく環境が素晴らしいのです。
01:19ニューヨーク州のキャッツキル山地にあるリトリートセンターなので、都市部にありがちな渋滞や喧騒がありません。
01:29静かで平穏な、リトリートにぴったりな環境です。
01:335日間のワークショップにはこのような場所が最も適しているようです。
01:38なので5日間のワークショップはオメガでしかやりません。
01:41もう一つの理由は、私が研修を英語でしか行えないためです。
01:46受講生は世界中から集まってきて、それぞれの母国語は様々です。
01:57日本のような通訳ブースはありませんから、研修の内容を多言語に通訳するわけにはいきません。
02:08オメガではイタリアやスペイン、中国、ドイツ、南アメリカなど、世界中の人たちが参加します。
02:19英語が理解できるかに関わらず、みなさんに英語の内容を直接体験していただきます。
02:26村井先生が日本の受講生と共に参加される際は昼間のプログラムの内容を夜に日本語で復習されますよね?
02:34研修で出た技法やデモンストレーションの内容を村井先生が日本語で説明することによって、受講生は同じ内容を2回体験することができます。
02:50受講生の多くは英語を解さないのですが、150人も参加しているワークショップの間は他の参加者の邪魔になるので通訳を入れることができません。
03:01なのでワークショップは英語で体験してもらって、夕方に集まって私がその日のワークショップの内容を説明します。
03:13これによって受講生はワークショップで話されたことを確実に理解し、おさらいすることができます。
03:26ワイス博士が話された内容の上に私の説明を加えることにより更に学びが深まります。
03:39そうすれば英語が分からなくても大切なポイントを逃すことはありません。
03:52日本の受講生は同じ内容を2度体験できるので、とても効果的に学ぶことができると思います。
04:00ワークショップで参加者は私のデモンストレーションを見ています。
04:05即効誘導など、目で見て理解できる技法もあります。
04:08その上に村井先生の説明を聞くことで、学びが更に強化されます。
04:13そういう意味で、日本の受講生は素晴らしい環境で非常に密度の濃い学びができます。
04:21オメガはリトリートセンターなので車で通う必要はありませんし、食堂やカフェもあります。
04:26滞在に必要なものは何でも揃っています。敷地内で散歩もできます。
04:32多少詰め込みで学んでも素晴らしい環境にいるので疲れすぎることはないでしょう。
04:37オメガの講習は日本の受講生にとってとてもうまく行っていると思います。
04:43そのうえで私が来日中にオメガの受講生に再会したら、同窓会のようで楽しいです。
04:48いまやワイス博士は、日本全国に受講生がいらっしゃいますね。
04:51そうですね。村井先生の生徒さんでもあります。
04:55日本は前世療法の訓練を受けたヒプノセラピストが他国に比べて多いような気がします。
05:07私が研修を行っている米国にも大勢のヒプノセラピストがいますが、あとはインドと日本がトップスリーです。
05:16日本の方が前世療法を受けたいと思ったら、その人の住所の近くでヒプノセラピストを見つけることができます。
05:24村井先生の生徒さんが日本中で開業されていますからね。
05:29オメガの前世療法の5日間のトレーニングは年に2~3回開催していますが、この研修は150名という定員を設けているのが特徴です。
05:39あまり大人数でない、こじんまりとした雰囲気の中でワークショップを行いたいのです。
05:48150名なら私が参加者ひとりひとりと直接関わることができますし、部屋もそんなに広くないので参加者同士の距離も縮まり、皆さんのエネルギーを感じることができます。
06:05例えば村井先生が15名の受講生を連れて来たら、残りの135名は他国からの参加者です。
06:17これもうまく行きます。
06:21ワークショップでは2~3人ずつのグループに分かれてワークをすることがありますが、日本人同士やイタリア人同士など、同じ言葉を話す者同士で組むことで効果的な演習ができます。
06:375日間あれば必要なことを全て学ぶことができます。
06:43私はワイス博士の5日間の研修を15回ほど受講していますが、世界中から集まっている参加者は初日は静かでよそよそしい感じですが、2日目、3日目と少しずつ打ち解けていくのが分かります。
07:09そして日を追うごとにどんどん明るくエネルギッシュになって行きます。内側から輝きのようなものが溢れてくる人もいます。
07:20ワークショップで何日か過ごすうちに、その人本来のパワーが戻って来て、4日目や5日目になると完全にクリアーになっている。
07:30そんな様子を何度も観察しました。
07:34最初は違和感を覚えたり、自分の中から弱さが出て来ても、4日や5日間あればそれらを乗り越えて自分本来の力とエネルギーを取り戻すことができるので、ちょうど良い長さだと思います。
07:55ワイス博士もそうなるようにグループを導かれていますね。
08:01デモンストレーションのクライアントも最初は催眠に入りやすい人から始めて、少しずつ難しいクライアントにレベルアップし、最後のデモンストレーションでは、非常に催眠に入りにくい方を選ばれます。
08:215日あるからこそできることです。
08:25私も同じことを感じています。
08:282日目や3日目には参加者の心理的なバリアが外れます。
08:35部屋が小さめなのも良いのかも知れません。
08:40ナンシー・スナイダーマンのビデオを見てもらい段階的リラクゼーションの誘導方法やインタビューのやり方を学んでいきます。
08:51これだけの日数があればプログラムをじっくりと確実に進めることができます。
08:58オメガでの5日間のワークショップは私が教えている最も長い研修ですが、大阪と東京の両方のワークショップに参加された方は4日間と、オメガに次ぐ長さの研修を受講したことになります。
09:11今回の受講生の中にはオメガの研修に参加された方もいらっしゃいましたよね。
09:14その方たちにとって、とても良い経験になったと思います。
09:18私も妻のキャロルも、ワークショップで教える事をとても楽しんでいます。
09:20これまでオメガでの研修は年に2回開催していたのですが、世界中から受講希望者が殺到したため、オメガ側の要望もあり、年3回に増やしました。
09:31他の開催地と違い、オメガでは唯一、150名の定員を設けています。
09:39米国から140名の参加希望者がいたら、それだけでほぼ満員になってしまいます。
09:47開催を1回増やしたことにより、これまで1年に300名しか参加できなかった所を、450名が参加できるようになりました。
09:58ワークショップで教えるのはとても楽しいです。
10:02私が前世療法を治療に取り入れるようになり、本を出版した当初は出版社主催のブックツアーを行っていました。
10:12いろんな都市を周り、30分から1時間の講演をするだけです。
10:16今はもうブックツアーは行っていません。
10:20もっとゆっくり時間をかけて、参加者に実際に前世療法を体験してしていただける研修の方が好きです。
10:26たとえ催眠の技法を学ばなくても、体験して頂くだけでも構いません。
10:30大阪や東京でもセラピストでない方々が受講して、前世などを体験されていました。
10:33参加者が前世療法を体験できる2日間のプログラムは私が1時間ただ話すだけの講演会よりもずっといいです。
10:40聞くだけでは体験することができません。体験してみて初めて理解できるのです。
10:47日本やオメガで開催するワークショップでは、参加者が実際に見て、体験することができます。
10:53私が教えている研修の中で最も密度の濃いものです。
10:58カリフォルニアやイタリアなど、世界中から「5日間のワークショップを開催してください」と言う要望をいただきますが、お断りしています。
11:105日間の研修はオメガでしかやりません。
11:15リトリート環境が整っていて、世界中の人たちが出会える会場はオメガだけだからです。他の場所では難しいのです。
11:33もうすぐオメガでの研修が始まりますね。5月でしたか?
11:402週間後です。
11:46現在ワークショップは年に3回開催されていますね?
11:50そうです。5月と7月、そして9月下旬か10月の初旬と、春と夏と秋に開催しています。
11:58オメガの季節も移りかわって行きます。
12:06春は新緑、夏は暖かくなり秋は紅葉が楽しめます。
12:15私はツアーを主催するわけではありませんが、私の受講生や、受講生でなくてもヒプノセラピーを学ばれている方がオメガのワークショップに参加される場合は一緒に行きませんか?とお誘いしています。
12:35現地では私ができる限りのサポートを提供しています。
12:42村井先生の生徒さんたちはいつも素晴らしいグループで、ワークショップに大きく貢献してくださいます。
12:53通常は7月のワークショップに参加されますが、木曜のランチタイムには日本からの参加者だけが集まって私が本にサインをしたり、一緒に歓談したりと楽しい時間を過ごしますね。
13:06特別な時間です。
13:08ありがとうございました。
13:09こちらこそ、ありがとうございました。

特別対談

▼特別対談 川嶋朗医師 2017年7月

心理療法・セラピー関連

▼ヒプノセラピーとは

▼暗示療法の効果

▼記憶と脳

▼コミュニケーションレベル

▼意識と脳

▼意識(顕在意識)・無意識(潜在意識)

▼催眠と催眠状態

▼催眠療法の流れ

▼スードオリエンテーションインタイム

▼ユーティライゼーション(利用)

▼前提

▼人格交代

▼散りばめ法

▼悲嘆療法

▼前世療法