バックナンバー

購読登録ページ > バックナンバーの一覧 > バックナンバー
2011/01/02 配信

ホリスティックワーク・メールマガジン No.13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
    「ヒプノの青い鳥---本来の自分を発見する癒しの旅へ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス

 【ご挨拶】
 【1】ヒプノの青い鳥(14)~ 分子栄養学 ~
 【2】ワイス博士の前世療法プロトレーニング(7月in New York)
 【3】仙台で「前世療法一日ワークショップ」と「ヒプノ赤ちゃん」「ヒプノ
    未妊セラピー」説明会を開催
 【4】「アラスカの夏」(村井啓一)新連載(1)  
 【5】メールマガジンの配信解除
 

────────────────────────────────────
【ご挨拶】

新年あけましておめでとうございます! 2011年の正月を迎えました。これを機に今一度初心に立ち戻り、新たな出発点 としてこれからの人生を進んで行きたいと思います。皆さんの幸せと健康をお祈 り申し上げます。 日本ホリスティックアカデミー代表・村井啓一

────────────────────────────────────
【1】ヒプノの青い鳥(14)~ 分子栄養学 ~

分子栄養学という学問があるということを最近知りました。親しいドクターがそ の勉強を始められたのと、私のクラスの受講生から分子栄養学の治療を受けた友 人のうつが治ったという話を聞いたのです。

どのような治療かといいますと、まず最初に血液検査で血中の栄養状態を調べま す。その結果を得てからドクターが診断をして、体内に不足している栄養素を補 うサプリメントを処方するというものです。

私も健康にとって栄養が大きな役割を担っていると信じています。だが、食事に は気をつかっているつもりでも、普通の生活をしていると毎食の栄養状態を正確 に知ることはほとんど不可能です。

私も58年間生きてきて不節制を繰り返してきましたので、この療法に興味を持ち、 早速新宿の某クリニックに電話で予約を入れました。

当日はドクターの問診と分子栄養学の説明、そして採血で終了。血液検査の結果 が出るのを待って、3週間後に再度クリニックを訪問しました。ドクターが血液 検査表のデータを読み取ってくれます。考えていたよりも正常値が多かったです が、微妙な数値も幾つかあり、結局7種類のサプリメントが必要とのことでした。

ドクターが推薦する高純度のサプリメントというのを勧められました。結構高額 だったので、それほどの高価なサプリメントが本当に必要なのかは疑問でしたが、 まあ高額だと途中で止めるリスクも減るだろうとプラスに考えて購入しました。

2ヵ月後の3度目の訪問で再度血液検査を行い、栄養状態の結果が分ります。以来、 毎日しっかりとサプリメントを飲み続けています。近いうちにまた結果を報告さ せていただきます。

────────────────────────────────────
【2】ワイス博士の前世療法プロトレーニング(7月 in New York)

ブライアン・ワイス博士の「前世療法プロフェッショナルトレーニングコース」 が2011年7月25日(月)~29日(金)の5日間で開催されます。これま では7月と10月の年2回の開催でしたが、今年は7月のみの開催となります。 場所はニューヨーク州ラインズベックにあるオメガ・インスティチュートという スピリチュアル・スクールです。

この講習は誰でも自由に参加できます。5日間を通して連日ワイスさんの講義と グループセッションを受けたり、実際にワイスさんが個人セッションのデモを行 う姿を見ることができます。

講義はすべて英語で行われますが、英語が苦手な方でもこれまでに大勢参加され ています。前世療法について基本的知識をお持ちの方はワイスさんのセッション を見るだけでも価値あるものと思います。

日本からの参加をご希望の方で講習について詳しい内容を知りたい方は日本ホリ スティックアカデミー(JHA)の村井にまでメール(info@www.jh-academy.com)で お問合わせください。 

今回も村井がこの講習会に参加する予定です。JHAでツアーを組むことはしま せんので、参加希望者はご自分でオメガにお申し込みください。オメガに参加申 し込みをした後で、オメガから「eConfirmation from Omega Institute」という 件名のメールが来れば予約確定です。

このメルマガ読者の方でワイス博士のトレーニングに参加される方(ご希望の方) には、村井から以下のサポートをご提供させていただきます。

1)ニューヨークのJFK空港からオメガまでの往きのバス便とオメガからNY 市中までの帰りのバス便を特別にチャーターしますので、一緒に行きたい方は同 乗していただきます。オメガへの参加が決まりましたらJHAまでお知らせくだ さい。(約3-3.5時間: 費用は往復で80ドル程度)

2)オメガで困ったときにサポートいたします。(講習の通訳はありません。)

3)毎日夕食後のブリーフィングを開催して、その日のワイス博士の講習内容を 日本語で解説します。

4)ワイス博士ご夫妻と日本人メンバーとの歓談会を毎回ワイスご夫妻にお願い しています。ご夫妻の予定がありますので、確約はできませんが、希望がかない ましたらワイス夫妻との歓談会に参加していただき、サインを貰ったり、ご夫婦 と写真を撮ったりして密な時間を過ごしていただけます。これまでは毎回時間を 取っていただいています。

ワイス博士の癒しを肌で感じたい方は是非7月にご一緒しましょう。

お申し込みはオメガのウェブ (http://eomega.org/omega/workshops/ab46b622383871317a38113b203bd601/  ?content=LNK&source=Fweb.WEISS.ws&subject=SM)をご覧ください。

また、参加される方は早めに村井にまでお知らせください。よろしくお願いいた します。

────────────────────────────────────
【3】仙台で「前世療法一日ワークショップ」と「ヒプノ赤ちゃん」&「ヒプノ 未妊セラピー」説明会を開催

来る2月19日(土)と20日(日)に仙台市内で、「前世療法一日ワークショッ プ」と「ヒプノ赤ちゃん」&「ヒプノ未妊セラピー」説明会を開催します。

○2月19日(土)午前10時~午後6時「前世療法一日ワークショップ」
 講師:村井啓一(日本ホリスティックアカデミー代表)
 会場:青年文化センター(研修室)
 料金:18,000円(税込)
 内容:前世療法についての紹介、前世療法のデモンストレーション、グループ ワーク、ペアを組んでの前世療法の実習などを一日かけて行います。
 お申し込み:日本ホリスティックアカデミーのウェブ 
 (https://www.jh-academy.com/seminar/index.html)からお申し込みください。

○2月20日(日)「ヒプノ未妊セラピー」&「ヒプノ赤ちゃん」説明会
 講師:宮崎ますみ(日本ヒプノ赤ちゃん協会代表)
 時間:(午前の部)午前10時~午後12時「ヒプノ未妊セラピー」
    (午後の部)午後14時~午後16時「ヒプノ赤ちゃん」
 会場:仙台市市民サポート活動センター(研修室)
 料金:(午前の部)2,000円
    (午後の部)2,000円
 内容:「ヒプノ未妊セラピー」・・・・・妊娠したいと望んでいるのに、不妊 (未妊)状態でいるカップルが、自然に妊娠できるような心と体の状態を作り上げ ていくための様々なヒプノセラピーを利用したアプローチをご紹介します。
    「ヒプノ赤ちゃん」・・・女性の体には、本来正常で自然で健康な出産 をする体の機能が備わっています。健康な女性の体は、本能的にどのように妊娠 し、赤ちゃんを育み、どうやって出産すればいいのかを知っています。その自然 出産力を引き出す出産教育プログラムをご紹介します。
 お申し込み:日本ヒプノ赤ちゃん協会のウェブ
 (http://hypnowoman.jp/work_session/index.html)からお申し込みください。

────────────────────────────────────
【4】「アラスカの夏」(1)  著:村井啓一

   -------------------------------------------------------
  ・これは村井がアラスカ大学に留学していた1983年の初夏にエスキモーの
   キャンプ地で過ごした体験を記したノンフィクションです。    
    --------------------------------------------------------  

 1983年6月17日午後4時半。私はアラスカの北西にあるコチブーに到着した。  私はアラスカ大学に留学している学生だ。夏休みを利用してシソーリックという イヌピアック・エスキモーの夏のキャンプ地へ入ろうとしている。
 そこには二年前にも一度訪れていた。人類学者か言語学者でもないかぎり、そん な所へ入ろうという者はよほどの物好きだろう。英語の詩作を専攻している私はシ ソーリックに集まってくる周辺の人々の生活に興味を覚えた。
 彼らの日常生活を共に生きる体験を重ねることによって、今まで自分が頼ってい た価値観が完全にくつがえされるという経験をしたのだった。
 再度その地を訪れ、そこに住む人たちの生活にさらに近づくことによって、再び 何かを得たいという期待をもってコチブーの飛行場へおり立っていた。
 コチブーはチャクチ海に通じるコチブー湾の南東部から北西に向けて細長くせり 出したボールドウイン半島の突端部に出来た町だ。アラスカの北西部に位置し、北 極圏の北に約40キロ入っている。人口約2500人の大半がイヌピアック・エスキ モーだ。
 ボールドウィン半島の東側の細い水路はホーサム入江と呼ばれ、半島の先端付近 でコチブー湾に合流する。ホーサム入江にはアラスカ北西部の二大河川、コバック 河とノアタック河が流れ込んでくる。
 コバック河は河口付近に広大なデルタを形成してホーサム入江の内側にまんべん なく注ぎ込み、ノアタック河はちょうどホーサム入江とコチブー湾の合流点である ボールドウィン半島の先端部をめがけて注ぎ出している。
 そのノアタック河の河口から南方10キロほど海を隔てた辺りに、コチブーの町 がチャクチ海に向かって突き出すように伸びている。そして、ノアタック河の河口 から海岸沿いに約20キロ西に進んだ地点にシソーリックがある。つまりコチブー から見るとホーサム入江がチャクチ海と交わる付近の対岸の北西約30キロ辺りに シソーリックを望める。
 コチブー周辺の海がもう凍てついていないのはランディング前に空から見て分っ ていた。まだ浮氷は風と潮流の作用で海上を漂ってはいるが、船外機付きのボート での海上交通には支障がない。定期船などないが、翌日まで待てば間違いなく誰か のボートに便乗できるだろう。
 だが、土産品の野菜や果物や肉類などの痛みやすい食料を抱えているので、一刻 も早くシソーリックに着きたいのだ。飛行場の事務所にある公衆電話で軽飛行機の 予約を入れた。出発は30分後だ。
 赤い翼の二人乗り単発機パイパー。直径が80センチはある車輪の溝が完璧に磨 耗し、所々ゴムがひび割れている。荷物を機内に積み込む。なるべく多くの荷物が 搭載できるように後部座席は取り払われている。食料の入ったダンボール箱二つを 機尾に詰めた。後部座席にあたる位置にオレンジ色のバックパックを置き、その上 に私が座った。膝には一ガロンの水容器を抱えている。
 飛行機の胴体が私の両肩に触れんばかりだ。足元にはワイヤーが左右に一本ずつ 機体に沿って縦に走っている。尾翼のフラップを操作するワイヤーが露出している のだ。バックパックがその上に乗っている。私は身体をずらしてワイヤーを押さえ ないようにバックパックの位置を修正した。
 しかし、足の置き場がない。ワイヤーを踏まないように屈みこんだ姿勢のまま顎 を引いている。後頭部には防風ガラスがあたっているのでまるで身動きがとれない。 (つづく)

────────────────────────────────────
【5】メールマガジンの配信解除

下記のホームページを開き、登録しているメールアドレスの変更や配信解除を行なっていただけます。

http://www.holistic-work.com/magazine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】日本ホリスティックアカデミー 代表 村井啓一
【E-mail】info@holistic-work.com
【ホームページ】http://www.holistic-work.com/
【TEL】 03-5468-1870 【FAX】03-5468-2870
【住所】〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-6-1 ホーメックス広尾 A棟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 株式会社日本ホリスティックアカデミー 村井啓一