バックナンバー

購読登録ページ > バックナンバーの一覧 > バックナンバー
 2016/07/07 配信

日本ホリスティックアカデミー・メールマガジン No.33
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヒプノの青い鳥---本来の自分を発見する癒しの旅へ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス

 【1】一般社団法人日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)のウェブが完成
 【2】『第32回 日本催眠学会学術大会』のご案内
 【3】『第四回 日本医療催眠学会 名古屋大会』のお知らせ
 【3】メールマガジンの配信解除

───────────────────────────────────

【1】一般社団法人日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)のウェブが完成

一般社団法人日本臨床ヒプノセラピスト協会(Japan Board of Clinical Hypnotherapists 略称:JBCH、代表理事:村井啓一)のホームページ(ウェブ サイト)が完成しました。

JBCHのホームページ(http://www.jbc-hypno.org/)

以前に設立していた協会を新たにJBCHとして3年前に再編成したもので、最新の 脳科学に基づくヒプノセラピーを広めることにより、催眠の誤解をなくし、ヒプノ セラピーがより大勢の方に受け入れられるようにすることを目的としています。

また、これまで日本のヒプノセラピストは国内に信頼できる催眠療法関係の資格 認定機関がないために、海外の催眠団体の認定に頼ってきましたが、今後はJBCHと 国内の公的な催眠団体とが協力して国内で世界に誇れる催眠の資格認定制度を作り 上げていく計画です。

すでにJBCHの会員数も300名ほどに達しています。月に一度のヒプノセラピー 勉強会をJBCHとして開催していますが、今後も 一層ヒプノセラピストのための 役立つ協会となるように活動して参ります。

JBCHの会員となるには、JBCH認定インストラクターが開催するJBCH認定ベーシック コースを受講する必要があります。以前に日本ホリスティックアカデミーの認定校 の開催するベーシックコースを受講済の方は、そこでベーシックコースを再受講 するか、JBCHが各月に開催しているヒプノセラピー勉強会(午前10時30分から 午後6時まで)の開始前(午前9時30分~午前10時20分)に行う補講を受講し、 入会金の5,400円(税込)を支払うことで会員となることができます。

───────────────────────────────────

【2】『第32回 日本催眠学会学術大会』のご案内

2016年10月2日(日)に東京大学(本郷キャンパス)で『第32回 日本催眠学会学術大会』 が開催されます。

今回は第32回日本催眠学会学術大会の大会長を務める統合医療の第一人者・川嶋朗 先生(医師・東京有明医療大学教授)からの協力要請を受けて日本ホリスティック アカデミー/日本臨床ヒプノセラピスト協会の村井啓一代表がプログラム委員長と して大会運営に参加します。

第32回目の今回の学術大会では「催眠と脳とスピリチュアリズム」をテーマに医師 や専門家による演題を各種予定している他、心理学者で脳科学の権威・乾 敏郎先生 (追手門大学教授、京都大学名誉教授)の特別講演を行います。乾先生は 書著 『イメージ脳』(岩波科学ライブラリー)や『脳科学からみる子どもの心の育ち』 (ミネルヴァ書房)などでおなじみの脳とコミュニケーション研究の大家であり、 催眠と脳の研究もされています。

また、今回の学術大会では前日の10月1日(土)に催眠関連の各種教育・研修ワーク ショップを併催します。これは日本ホリスティックアカデミー(JHA)と日本臨床 ヒプノセラピスト協会(JBCH)が協力して実施するもので、当協会会員の医師や ヒプノセラピストが講師となって催眠関連の講演やセミナー・ワークショップを 行います。

ヒプノセラピストの皆様や、催眠の知識や最新情報を得たい方にとって、とても 有益な学術大会となりますので、ぜひこぞってご参加ください。

大会の詳細および参加お申し込みは下記ホームページをご覧ください。

○第32回 日本催眠学会学術大会 ホームページ
 http://32saimin-gakkai.kenkyuukai.jp/

<【日本催眠学会】入会のご案内>

日本催眠学会は、日本学術会議(注1)から指定を受けた日本学術会議協力学術研究 団体に加盟している約30年の伝統と歴史を持つ国内有数の催眠関連の学術研究団体です。

(注1):日本学術会議は、日本学術会議法に基づく内閣総理大臣所管の科学者の 日本国代表機関として、政府に対し、科学振興・科学技術発展・科学研究活用、 ならびに科学研究者養成などに関する政策提言・勧告の法的権限を有する諮問機関 であり、日本学術会議協力学術研究団体は、その日本学術会議と公的な協働関係に ある学術研究団体です。

日本催眠学会に入会することで、情報収集・情報交換の場として学会の各種イベントに 参加できるだけではなく、日本催眠学会の会員であることがヒプノセラピストとしての 高い信頼と安心に繋がります。

同学会の会員になるには通常は既会員2名の推薦が必要ですが、JBCHの会員の皆様には 特別にJBCHで推薦手配を進め、入会の承認手続きが行えます。

入会申込フォームは
(http://www.jbc-hypno.org/membership/data/sys_information.pdf) よりダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、下記の「入会申込書の送付先」 までご郵送ください。入会申込書を受理後、払込方法をご連絡いたします。なお、 日本催眠学会の年会費は6,000円(税込)です。

※日本催眠学会への入会承認手続きは、JBCH会員に限って行います。 JBCH未会員の方で  会員希望の方はメールでこちら(info@www.jh-academy.com)へお問合せください。
※入会申込書(1)の「推薦者氏名」欄および入会申込書(2)の「入会希望理由書」欄は  記入不要です。
※会費の支払い方法は、入会申込者受領後にメールにてご案内します。

・入会申込書の送付先
 〒141-0022
 東京都品川区東五反田2-7-14 五反田栗の木ビル3F
 一般社団法人日本臨床ヒプノセラピスト協会内
 「日本催眠学会」入会 係

───────────────────────────────────

【3】『第四回 日本医療催眠学会 名古屋大会』のお知らせ

日本医療催眠学会(理事長:萩原優先生)は2016年9月11日(日)に第四回日本医療催眠学会 名古屋大会(会場:国際会議場1号館3F)を開催します。(9:00~開場/9:30~受付/10:00開会~ 17:50閉会)

名古屋大会の大会長は副理事長の橋元慶男先生で、テーマは「生と死をみつめて~今後の 医療催眠の展望~」です。様々な分野で科学的根拠に基づく医療催眠を実践している研究者 や実践家の研究発表を聞き、交流を深める場になるように企画されています。

当日の登壇者と演題は、下記の通りです。(敬称略)

・萩原優(理事長・イーハトーヴクリニック催眠センター)
   『催眠の新しい流れの一つ「ジェネラティブ・コーチング」について』

・大門正幸(中部大学教授/バージニア大学客員教授)
   『「意識の死後存続」研究が教えてくれる生と死の意味』

・志賀一雅(能力開発研究所)
   『伝統芸の「謡」と縄文の「アワの歌」に共通した癒しのメカニズムについて』

・橋爪謙一郎(株式会社ジーエスアイ代表)
   『グリーフサポートのための3つの柱』

・石原均(医療法人エバーコンフォート 石原クリニック)
   『Between Life and Life -- 癒しの手法としての前世療法』

・浦隅百合香(ヒプノセラピスト)
   『乳がんと催眠療法』

・米田晃(人間科学研究所)
   『生死を超えて“いのち輝かせて生きる”』

・ナナ&ジョーブライト(NPO法人 TRE Japan 代表)
   『リセット「自律運動による自己回帰法』

・稲葉俊郎(東京大学医学部附属病院循環器内科)
   『西洋医学における医療催眠の可能性』

開会前の9:00~9:50には「笑いと癒しのセッション」があり、途中には休憩を挟んで ハープ演奏(松尾沙都呼)も行われる、盛りだくさんの内容です。

催眠を真摯にとらえる方たちの貴重な発表の場ですので、ぜひご参加ください。

詳しくは、日本医療催眠学会のホームページ(http://japan-mha.com)をご覧ください。

───────────────────────────────────
【2】メールマガジンの配信解除

下記のホームページを開き、登録しているメールアドレスの変更や配信解除を 行なっていただけます。

http://www.holistic-work.com/magazine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】日本ホリスティックアカデミー 代表 村井啓一
【E-mail】info@holistic-work.com
【ホームページ】https://www.jh-academy.com/ http://www.holistic-work.com/
【フェイスブック】http://www.facebook.com/keiichi.murai.001
【TEL】 03-6721-7612 【FAX】03-6721-7632
【住所】〒141-0022 東京都品川区東五反田2-7-14 五反田栗の木ビル3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2016 株式会社日本ホリスティックアカデミー・村井啓一